メディアで紹介された商品

【初耳学】読みたいことを、書けばいい。

8月18日(日)の「林先生の初耳学」

「3分でわかる!林先生のベストセラー学」では、発売1ヵ月で6万部を突破したベストセラー『読みたいことを、書けばいい。 人生が変わるシンプルな文章術』の著者・田中泰延氏に林先生が直撃インタビュー。

元大手広告代理店のコピーライターとして活躍し、退職後は“青年失業家”という肩書きを名乗る田中氏。
林先生は、この本をよくあるテクニック本ではなく、書くことの根幹に迫った本と語る。
“書く”ということの本来の意味に気付かされるというその内容を、林先生は「生徒たちにも一度は目を通してもらいたい」と、絶賛していました。

読みたいことを、書けばいい。

内容紹介

★Amazonランキング「本」総合1位★(2019/8/19)
『林先生の初耳学』著者出演、
日本経済新聞広告掲載(2019/8/19)、大反響。
発売1ヵ月で6万部突破。

「バズる記事を書きたい」
「ターゲットに刺さる文章を書きたい」
「自分の思いを読んでほしい」

そんな「技術」を学ぼうとする人は、出発点から間違っている。
もっとシンプルに、あなたが読みたいことを、あなたに向けて書けばいいのだ。

事実の中に、あなただけの発見を見出し、調べて、自分に向けて書く。
その結果、あなたは誰かとつながり、人生が変わる。

電通コピーライターとして24年、自分が読みたいものを書くために
退職して「青年失業家」へ。

Web記事500万PV超、
Twitterフォロワー46000人超。
多くの支持を得るwebライター初の著書。

書くことは、たった1人のベンチャー起業。

「自分が読みたいものを書く」ことで、実際に「現実が変わる」のだ。
そんな話を始めたい。

全く新しい文章講義、開講です。

目次

はじめに
自分のために書くということ -書いたのに読んでもらえないあなたへ

序章
なんのために書いたか

付録1
田中泰延が書いた記事10選

第1章 なにを書くのか 〜ブログやSNSで書いているあなたへ〜
その1 文書と文章は違うことを知っておく
その2 ネットで読まれている文章の9割は「随筆」
その3 書く文章の「分野」を知っておく
その4 定義をはっきりさせよう
その5 ことばを疑うことから始める
文章術コラム❶ 広告の書き方

第2章 だれに書くのか 〜「読者を想定」しているあなたへ〜
その1 ターゲットなど想定しなくていい
その2 だれかがもう書いているなら読み手でいよう
その3 承認欲求を満たすのに「書く」は割に合わない
その4 何を書いたかよりも誰が書いたか
その5 他人の人生を生きてはいけない
文章術コラム❷ 履歴書の書き方

第3章 どう書くのか 〜「つまらない人間」のあなたへ
その1 つまらない人間とは「自分の内面を語る人」
その2 物書きは「調べる」が9割9分5厘6毛
その3 一次資料に当たる
その4 どこで調べるか
その5 巨人の肩に乗る
その6 感動が中心になければ書く意味がない
その7 思考の過程を披露する
その8 「起承転結」でいい
文章術コラム❸ 書くために読むといい本

第4章 なぜ書くのか 〜生き方を変えたいあなたへ〜
その1 書くことは世界を狭くすることだ
その2 貨幣と言語は同じもの
その3 書くことはたった一人のベンチャー起業
その4 文字がそこへ連れてゆく
その5 書くことは生き方の問題である
付録2 田中泰延について書かれた記事5選+おまけ

おわりに
いつ書くのか。どこで書くのか。